Colmar

滞在3日目(12月24日)は,朝イチでStrasbourg駅へ。在来線で30分の距離にある町,Colmarが目的地です。チケットカウンターで切符を買ってから,Paulでパン(pain au chocolatとcroissant)を食べながら列車を待ちました。

駅舎の雰囲気もすごく良かったです。やはり,第二次世界大戦で破壊されていない街は,歴史的な建築物が多く残っていていいです。

StrasbourgからColmarへは,盆地を走っていきます。山のないエリアに住んでいるので(最寄りの山は,モン・サン=ミシェル!?),新鮮な景色でした。


Colmar駅からは歩いて旧市街へ。Place des Dominicainsのマルシェを見て,寒かったので近くのカフェに入ってvin chaud(ホットワイン)を飲んで暖まりました。

それからLa Petite Venise(小さいヴェニス)へ。水路があるのが名前の由来ですが,建物の雰囲気がヴェネツィアとは違います。

昼食は,このエリアの名物tarte flambée(タルト・フランベ)を食べました。薄いピザ生地にベーコン,オニオン,チーズが乗っているだけですが,すごくおいしかったです。

La Petite Veniseでもマルシェを見て,寒かったので15時過ぎの列車でStrasbourgに戻りました。

ホテルの隣のショッピングモールに入っているトイザらスで娘を遊ばせていると,店内の照明が突然消え始めました。クリスマスイブは,17時で店を閉めるようです。同じモール内のスーパーマーケットに急いで行き,買い物を済ませました。ホテルで夕飯を食べてからは,Place Kléberのツリーを見に外出しましたが,通りに人がほとんどいませんでした。ユニクロも当然閉まっていました。

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

La Petite France

大聖堂のあとは,木組みの建物が数多く残るLa Petite Franceに行きました。右に写っているのは,ボートを昇降させるための水門です。

Ponts couverts(クヴェール橋)から眺めた町並み。

日が傾き始めると,どんどん暗くなって,イルミネーションが点き始めました。

日が暮れて,クリスマスムードが高まります。

Place Benjamin Zixのマルシェ。

初めて訪れた外国の街では,必ずブックマークをおみやげに買っていますが(10年でかなりの枚数になりました),ここ2年はクリスマスツリー用の飾りを収集しています。

ブックマークもツリー用の飾りも軽くてコンパクトなのでいいですが,キャンドルは逆。キャンドルの方が好きなんですが,集めるのは我慢しています。

イルミネーションが点いたPlace Kléberのツリーを眺めてからホテルに戻りました。ホテルに戻ってからは,barで仕事です(遊び相手の父親が部屋で起きていると,娘が寝ないので・・・)。クリスマスでこちらの職場が休みでも,日本は関係ないですからね(^^;)

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

La Cathedrale Notre Dame de Strasbourg

これまでいくつも大聖堂を見てきましたが,Strasbourgのノートルダム大聖堂は,本当に見事でした。砂岩を利用して造られているので,このような赤い色をしているのと,左側にタワーがあるのが特徴です。

内部には,タペストリーが飾られていました。オルガンは,中央の隔壁に設置されています。

バラ窓のステンドグラスは,このような感じ。オルガンの装飾も独特でした。

動画を撮ってみたので,よろしければどうぞ。


テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

Joyeux Noël

Place Kléberのツリーは,見事なイルミネーションでした。23日と24日の夜に見に行きましたが,24日の人の少なさ(写真)には驚かされました。24日は,17時で一部の飲食店を除いて店が全て閉まります。

滞在3日目の今日は,在来線に乗ってStrasbourgから30分,Colmarという町に行ってきました。La Petite Venise(小さいヴェニス)と呼ばれるエリアを見てきましたが,建物の雰囲気がヴェネツィアとは大分違うので,これはこれで独特な景観でした。

旅のレポートは,ナントに戻ってから書きたいと思います。

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

Capitale de Noël

休暇でStrasbourgに来ました。Capitale de Noël(クリスマス文化の中心)と言われるだけあって,広場(Place Kléber)にはナントで見られないような大きなクリスマスツリーが飾られていました。

こちらはノートルダム大聖堂。中に入るとちょうどオルガンの演奏中で,空間が音に包まれていました。仕事が忙しく,私は何も調べないで来たので,大聖堂もライトアップされるかわかりませんが,ツリーも含めて夜のイルミネーションが楽しみです。

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

Passage Pommeraye

中心部に出かけたついでに,ひさしぶりにパッサージュ・ポムレ(1840年代にできたショッピングモール)に入ってみました。

今年のノエルは,オレンジを基調としたデコレーションでした。去年は札幌にいたので見ていませんが,毎年おもしろいですね。ちなみに2年前の様子はこちら

それにしても,すごい人出でした。親と兄弟にプレゼントを渡すのが一般的だそうですが,おじ・おばや,いとこにまで渡す習慣の人もいて,毎年プレゼントを考えるのも大変なんだとか。

12月6日は,「サン・ニコラ」(オランダ語で「シンタクラース」)の日,つまりサンタクロースの日でした。フランスでは,良い子の枕の下にはチョコレートが,悪い子の場合は,木の枝が置かれるらしいです。かつては,サンタクロースからプレゼントをもらうのが12月6日で,家族で静かにキリストの降誕を祝うのが25日だったそうです(今でもそのようにしている国・エリアはあるそうです)。現代の「サンタクロースが見ているから,クリスマスまでいい子にしなさい」という12月6日の通知システムは,子ども視点というよりも大人たちの都合で成り立っているようで,フランスらしいなぁと感じてしまいました。うちの娘は,チョコレートよりもいろいろ遊べる枝の方が好きです(笑)。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

R.S.

Author:R.S.
好きなものは,クルマ,温泉,キャンプ,旨い食べ物,旨い酒,水泳,映画です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード