守りの補修と攻めの補強

外装リフレッシュの一つ目は,2年前に記事にしていたフロアの錆の補修です。それ以降の2シーズンは冬眠させて融雪剤を浴びせないようにしていたせいか,ホルツの錆チェンジャー処理+シャーシブラック吹き付けの効果があったようで,2年前の状態(写真)からそこまで錆は侵攻していませんでした。


補修後の写真は,こちら。錆をできるだけ取り除き,防錆処理を施してもらいました。ここ2年は週末の買い物・ドライブ用となっているR32ですが,それまでの18年間は通勤・通学で毎日使っていたので,今後も成長した錆と戦うことが出てくるでしょう。


補修ばかりではテンションが下がってしまうので,ボディをシャキッとさせるために,Kansaiサービスのロアブレスバーセットを装着しました。写真は,フロントのロアブレースバー。左右のメインフレームとフロントメンバー(ステアリングラック取付部分)が結合されたことで,横方向の剛性が上がり,ステアリングレスポンスも向上しました。


こちらは,センターとリア。フロアトンネルとリアメンバー取付部分が補強されました。取り付けた効果は,タワーバーを装着したときのように片輪ずつ段差を越えるとすぐにわかりますが,最も感動したのは高速道路です。ICやJCTのランプのコーナリング中やギャップを越える際には,ボディの歪みが小さくなり,サスペンションがしっかりと仕事をするようになりました。


やはり34Rで純正の補強バーが入っている箇所は,要補強箇所ですね。R32なのに34Rのボディ剛性に近くなりました。これまで,ボディが歪むことで吸収されていたショックをサスペンションで吸収することになったので,ダンパーの減衰を弱くすることで,以前と同じ固さになりました。

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブレスバー・・・駆動システムからすると、BNR用の物でしょうか?

中古でもイイからと、某オクでチェックしてたりしましたが・・・中古でも結構なお値段になるんですよねぇ。(汗)

それだけ、結果が伴うパーツなんでしょうけど。
2ドアに比べ、ボディ剛性の弱い4ドアに付けれたら、更に、体感できそうですねぇ。(´∀`*)

Re:

お察しの通りBNR32用ですが,2ドアHNR32にはそのまま取り付けられます。

(事故車取り外しの歪んでいる場合を除いて)消耗するパーツではないので,私もオークションを見たりしていたのですが,それだったら新品でいいのでは?という値段になっちゃうんですよね(^^;)

効果はかなりあります。今日も近所を乗ってきましたが,まだまだ楽しいです(笑)

4ドアHNR32もフロント・リアメンバーはBNR32と共通でしょうから,メインフレームが特に変わった形状でなければ付けられそうですよね。
プロフィール

R.S.

Author:R.S.
好きなものは,クルマ,温泉,キャンプ,旨い食べ物,旨い酒,水泳,映画です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード