スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ86とニッサン32

先週末はチャンスに恵まれ,「営業マンが乗らない試乗」をしてきました(笑)。ハチロクのレンタカーです。グレードはGTの6ATでした。ニッサンから32(サンニー)という車名のクルマが発売されたら心穏やかじゃないでしょうが,水平対向エンジン+FRの新しいジャンルのクルマとして客観的にドライブしてきました(^^;)

乗り込んでみると,シート・ステアリング・シフトノブの位置関係に若干違和感を感じましたが,着座位置が低くS2000やロードスターのようなスポーティでタイトなコックピットでした。発進してみると,低回転域のトルクが強調されたセッティングでパワフルな印象でしたが,高回転域はちょっと盛り上がりに欠ける感じでした。それでも,平成24年式5,000km走行の新車にしては良く回るエンジンで,車重も1,250kgと軽量なので速かったです。

意外によかったのは,ステアリングフィールです。スバル車だということで,フロントストラットサスペンションが突っ張った感じを想像していましたが,フロントタイヤの接地感はそこまで悪くありませんでした。

リアはダブルウィッシュボーンで,トラクションもそこそこでした。ただし,このクルマは自分好みにカスタマイズするユーザーが大半とはいえ,純正のダンパーはちょっとお粗末な印象で,低速はゴツゴツ,高速はふわふわな乗り心地でした。

個人的には,ロードスターがあそこまで軽量にできているので,フロントにダブルウィッシュボーン,リアにマルチリンクというサスペンション形式も可能だと思います。「GT」というグレードを名乗るのであれば,やはり乗り心地は上質でないといけませんね。

レンタカーということで,普段32で走っている道で試乗できたので,それを基準にハチロクの特徴がよくわかりました。そして,平成4年式245,000km走行のGTS-4 MI (maternity and infant)-specの良さを再確認することができました。適度に補強していれば現代のクルマに勝るとも劣らないボディ剛性で,リフレッシュしていれば前後マルチリンクの乗り味はやはり絶品です。

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

R.S.

Author:R.S.
好きなものは,クルマ,温泉,キャンプ,旨い食べ物,旨い酒,水泳,映画です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。