ベレン地区

滞在5日目の最終日は,午前中だけ観光の時間を取ることができました。天候と飛行機までの時間を考慮して,世界遺産のジェロニモス修道院を見に行くことに決め,ホテルのフロントにスーツケースを預け,地下鉄とトラムを乗り継いでベレン地区(Belém)にやってきました。

テージョ川の方に歩いて行くと,「4月25日橋」が見えました。1974年4月25日のカーネーション革命にちなんで名付けられたそうです。

大西洋に向かって歩いて行くと,発見のモニュメント(Padrão dos Descobrimentos)があります。大航海時代にポルトガル人が世界の様々なエリアを発見したことを記念して作られたそうで,モニュメント近くの地面には世界地図があり,発見の年号が記されています。ちなみに日本は,1541年だそうです。

ジェロニモス修道院の並びにあるベレン宮殿。ピンクの壁でちょっとかわいい外観になってますが,現大統領官邸だそうです。次は,いよいよジェロニモス修道院です。

テーマ : ヨーロッパ旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

R.S.

Author:R.S.
好きなものは,クルマ,温泉,キャンプ,旨い食べ物,旨い酒,水泳,映画です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード