凱旋門・オペラ座・ルーヴル美術館

パリ滞在2日目の朝は,ホテル近くのカフェで朝食を取り,ウェディングコンサルタントの方が迎えに来てくれた車でオフィスに向かいました。途中,シャンゼリゼ大通りを通ってくれたので,凱旋門を車から見ることができました。結構な迫力で,しかも今回の滞在では見る予定ではなかったので,嬉しいサプライズとなりました。

打合せと支払いを済ませてからは,歩いてオペラ地区へ。パレ・ガルニエを眺めました。公演がなければ中を見学したかったのですが,この日は時間が合わず外からのみの見物に。

そして,昼食に入ったのが「SANUKIYA」(所在地:9 Rue d'Argenteuil, 75001 Paris)です。この店は,ウェディングコンサルタントの方に教わりました。平日ということもあって,パリで働いている日本人がけっこう食べに来ていました。

おいしい讃岐うどんで胃袋も心も満たされたあとは,さらに少し歩いてルーヴル美術館へ。

話には聞いていましたが,ここまで大きいとは思いませんでした。さすが歴代国王の宮殿だっただけのことはあります。全ての展示を見て回るには,1週間かかると言われているのも納得です。そして,ガラスのピラミッド型をした入口付近の人の多さ・・・,入るのに何時間かかるんでしょう・・・。

一応近くまで行ってみましたが,長蛇の列。パリに観光のオフシーズンはないのかもしれませんね。ここも,次回以降に朝イチで来るようにしたいと思います(^^;)

ルーヴル宮の敷地内にあるカルーゼル凱旋門。こちらもナポレオンが作らせたそうですが,シャンゼリゼの凱旋門と比べるとかなり小さいです。

カルーゼル凱旋門の近くから,地下のカルーゼル・デュ・ルーヴル(ショッピングモール)に入りました。午後は天気が悪く気温も下がっていたので,地下で娘を歩かせる(遊ばせる)ことができました。

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このガラスのピラミッド・・・映画『ダヴィンチ・コード』を思い出します。実物を見れるなんて・・・羨ましいです。(≧∇≦)

Re:

フランスで生活するようになって9ヶ月,ようやくパリに行ってきました。いつでも行けると思っていましたが,子連れだとちょっと気合いを入れないと出て行けないもんですね。

この逆さのピラミッドは,ダヴィンチ・コードの最後のシーンに出てくるそうですね。私はまだ映画を見てないんですよ。映画を見たことのある妻は喜んでいました。
プロフィール

R.S.

Author:R.S.
好きなものは,クルマ,温泉,キャンプ,旨い食べ物,旨い酒,水泳,映画です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード