Château d'Amboise

今週は2週間前に行ったモン・サン=ミシェルツアーの違反切符が届くことはなかったので(事務さんがオフィスに来る度ビクビクしていました(^^;)),ロワールの古城紹介に戻ります。シャンボール城を出てからは,トゥール方向にロワール川沿いを走っていきました。途中,対岸にBlois(ブロワ)の町が見えました。ブロワは,鉄道利用者に古城巡りの拠点として利用されている町だそうです。

ブロワから30分ほど走って,三つ目の目的地アンボワーズ城に到着です。ヴァロワ朝第7代のフランス王シャルル8世が生まれ育った城です。シャルル8世はイタリア戦争を始めた国王ですが,その後のルイ12世,フランソワ1世,アンリ2世までイタリア遠征は続き,イタリア・ルネッサンスの様式が取り入れられていったそうです。



坂を上ってアンボワーズ城内へ。城内に建物はこれしかなく,あとは庭園になっていました。写真は,PowerShotで撮影した2枚の写真をPhotoshopでパノラマ写真に合成しています。

元々はこのくらい建物があったそうですが,フランス革命とナチスドイツによって大部分が破壊され,現在は黒い部分だけになっています。

城内にあるサン=テュベール礼拝堂。レオナルド・ダ・ヴィンチのお墓がこの中にあります。レオナルド・ダ・ヴィンチはフランソワ1世によってアンボワーズに呼ばれ,余生を過ごしたそうです。

庭園内には,レオナルド・ダ・ヴィンチの胸像もありました。

建物の中でおもしろかった箇所を紹介したいと思います。ブルターニュ大公フランソワ2世の娘アンヌ・ド・ブルターニュはシャルル8世と結婚し,アンボワーズ城にやってきたため,アンボワーズ城のあちこちでフランス王国とブルターニュ公国がコラボした様子を見ることができます。この暖炉は,普通に装飾が施された暖炉に見えますが・・・,

よく見ると,左半分はフランス王室の白百合の紋章,右半分はブルターニュ公国の「汚されるより死を」を意味する紋章になっています。

こちらはもっとわかりやすい例で,ステンドグラスが使われた窓です。フランス王室の紋章とブルターニュの紋章が入ったものの2パターンがありました。

ミニームの塔の内部。馬車が上がって来られるように螺旋状のスロープになっています。立体駐車場用のスロープの原点でしょうか!?

アンボワーズ城からロワール川下流方向を眺めて。川側に城壁からせり出ている部分が,ミニームの塔です。

初日にブールジュまで行ったときは,長時間の車移動で娘が辛そうだったので,2日目はシャンボール城とアンボワーズ城を見学して終了です。トゥールのアパートホテルに戻り,のんびり過ごしました。

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

R.S.

Author:R.S.
好きなものは,クルマ,温泉,キャンプ,旨い食べ物,旨い酒,水泳,映画です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード