Venice Part 3

ヴァポレットを降りて,サン・マルコ広場にやってきました。ヴェネツィアの観光名所が密集しているだけあって,午前中でもかなりの人が出ていました。日本からのツアー客や卒業旅行らしき学生たちも多く見かけました。

サン・マルコ広場に来た目的は,ドゥカーレ宮殿やサン・マルコ寺院ではなく,この鐘楼です。高さがおよそ100 mで,ヴェネツィアのシンボルになっています。この鐘楼からの眺めが目的でした。ヴェネツィアの街は直線的に歩くことができないので,歩いてみてもイマイチ距離感がつかめませんが,少し高いところから目印を見つけられるとなんとなく規模がわかりますし,離島との位置関係も把握できます。

それでは,例によってPhotoshopで合成したパノラマ写真を。


まずは,北西方向です。正面の海を挟んで見えている陸地がイタリア本土です。右端には,サン・ミケーレ島とムラーノ島が見えました。


つづいて南東方向。サン・ジョルジョ・マッジョーレ島とリド島が見えました。

最後に西の方角。下に見えているのは,サン・マルコ広場の一部で,数日前まで行われていたカーニバルのセットの片付けをしているようでした。

地上に降りて,サン・マルコ寺院の前を素通り。残念ながら修復中で,全体像は見られませんでした。

ムーア人の時計塔の下を潜り,リアルト橋方面へ歩いて行きました。この時計塔の屋上には,ムーア人の銅像があって(1枚目の写真に写っています)正午に鐘を撞いていたのですが,そのアクションが本当に小さく笑えました。「微動だにする」という表現がぴったりです。

リアルト橋に向かう途中,こんなお店に立ち寄りました。なかなか強気な値段で色々なフェラーリグッズが売られていました。F1マシンに使われていたピストンやコンロッド(数百ユーロ)を見たあとに,フェラーリのレーシングスーツを着たテディベア(数十ユーロ)を見ると,イタリアに来た記念に娘に・・・と一瞬思ってしまいましたが,妻の一言で考え直しました(笑)。

リアルト橋に出ました。今度は,橋の上からカナル・グランデを眺めました。カナル沿いのレストランでのんびりと食事をし,ホテルに戻りました。

テーマ : イタリア旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

R.S.

Author:R.S.
好きなものは,クルマ,温泉,キャンプ,旨い食べ物,旨い酒,水泳,映画です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード