スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフラー交換

2008年に排気系をリフレッシュし(下表参照),それ以降,低〜中回転域のトルク感を重視した仕様で乗っていました。高回転域でもそれなりにパワー感が得られていたのですが,どうしても6000 rpm以上では頭打ちの状態でした。そこで, マフラーの抜けを絶妙に良くしようと,メインパイプ径80 mmでストレート構造のレイマックスに交換してみました。

7年ぶりのマフラー交換,音とパワー感がどうなるかワクワクでした。結果,低回転でのトルク感は落ち,高回転ではストレスなく吹け上がるようになりました。排ガスが触媒・マフラーを通って,温度低下により体積が収縮した後でも,メインサイレンサー内で絞られているかどうかでパワーの出力特性が変化するんですから,おもしろいですね。

音の方は,低回転では若干低音が強調され,意外にも中〜高回転ではレガリスRよりも静かになりました。高速でも音楽が良く聞こえるようになって快適です。

タービン
アウトレット
フロントパイプ 触媒 マフラー
2007年 純正 HKS, 75φ BNR34純正 Fujitsubo Legalis Super R, 89.1φ
2008年以降 HKS Apexi, 80φ BNR34純正 Fujitsubo Legalis R, 76.3φ

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

R.S.

Author:R.S.
好きなものは,クルマ,温泉,キャンプ,旨い食べ物,旨い酒,水泳,映画です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。