大衆コンパクトカー

IKEAへの買い出し2回戦では,職場のプジョー207を借りていきました。今度は道を覚えたので,私の運転です(写真は同僚)。この車が,私が運転したフランス車,記念すべき第1号になりました!ただし,操作フィールに特筆すべき点はなく,ボディ剛性や内装の質感も含めてイストを運転しているような感じでした(^^;)

買い出し3回戦は,レンタカーのマイクラ(マーチ)で行ってきました。ルノー・クリオやプジョー207のクラス(45ユーロ/日)を予約したのですが,まさかマーチになるとは(^^;)でもよくよく考えてみれば,どれも販売価格は10,000ユーロ台前半で同じクラスなんですよね。日本でコンパクトクラスのレンタカーを予約して,クリオや207はまず割り当てられませんけど・・・。


テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

Audi A1 TDI S-line

今回借りたアウディA1があまりにも良かったので,別な記事で紹介したいと思います。見た目は,A1のSportback(5ドア)ですが,Audi Japanでは取り扱っていないディーゼルエンジンモデルになります。ミッションは,こちらでは珍しいATです。レンタカー屋では「本当にATは運転できるのか?」と聞かれただけでなく,わざわざP, R, D, Sの説明をされるくらいでした(^^;)

フランスでは,近年ディーゼルエンジン車の割合が全体の8~9割になっているようです。ガソリンエンジン車は,ポルシェとレクサスくらいしか見かけません。マイクラ(マーチ)もジュークもディーゼルエンジンが積まれて売られています。
このA1が良かった点は,ボディ剛性と足回り,ステアリングフィール,燃費,そしてかたまり感のある安定したフォルムです(これは単純に私の好みですが)。

気になったのは,ディーゼルゆえのレスポンスの悪さと(パワー感は問題なし),ブレーキの前後バランスです。リアもディスクですが(写真),もう少しリアの効きを強くした方が安定して減速できると感じました。
郊外の高速では,制限速度が130km/hの区間もありますが,その速度域でもしっかり安定して走ってくれて,疲労が少なかったです。タイヤがPOTENZA S001だったのも大分貢献していると思います。

まる2日間じっくり乗ってみて,しっかり作られているクルマはやはり違うなぁと改めて思いました。ガンブリップ+コブ付き加工のステアリングは握りやすく,各スイッチの操作性(クリック感)も良かったです。ドイツ車に乗り続けている人がいる理由がよくわかりました。

って,まだフランス車を運転できていません。次こそは!(笑)

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

トヨタ86とニッサン32

先週末はチャンスに恵まれ,「営業マンが乗らない試乗」をしてきました(笑)。ハチロクのレンタカーです。グレードはGTの6ATでした。ニッサンから32(サンニー)という車名のクルマが発売されたら心穏やかじゃないでしょうが,水平対向エンジン+FRの新しいジャンルのクルマとして客観的にドライブしてきました(^^;)

乗り込んでみると,シート・ステアリング・シフトノブの位置関係に若干違和感を感じましたが,着座位置が低くS2000やロードスターのようなスポーティでタイトなコックピットでした。発進してみると,低回転域のトルクが強調されたセッティングでパワフルな印象でしたが,高回転域はちょっと盛り上がりに欠ける感じでした。それでも,平成24年式5,000km走行の新車にしては良く回るエンジンで,車重も1,250kgと軽量なので速かったです。

意外によかったのは,ステアリングフィールです。スバル車だということで,フロントストラットサスペンションが突っ張った感じを想像していましたが,フロントタイヤの接地感はそこまで悪くありませんでした。

リアはダブルウィッシュボーンで,トラクションもそこそこでした。ただし,このクルマは自分好みにカスタマイズするユーザーが大半とはいえ,純正のダンパーはちょっとお粗末な印象で,低速はゴツゴツ,高速はふわふわな乗り心地でした。

個人的には,ロードスターがあそこまで軽量にできているので,フロントにダブルウィッシュボーン,リアにマルチリンクというサスペンション形式も可能だと思います。「GT」というグレードを名乗るのであれば,やはり乗り心地は上質でないといけませんね。

レンタカーということで,普段32で走っている道で試乗できたので,それを基準にハチロクの特徴がよくわかりました。そして,平成4年式245,000km走行のGTS-4 MI (maternity and infant)-specの良さを再確認することができました。適度に補強していれば現代のクルマに勝るとも劣らないボディ剛性で,リフレッシュしていれば前後マルチリンクの乗り味はやはり絶品です。

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

R31 Skyline GTS

GW前半にエンジンオイル交換&アンダーカバー取付で秘密基地を訪れた際に,ひさしぶりに店長さんのR31スカイラインを運転させて頂きました。R31は,ケンメリからR32までの間で父が唯一買わなかったスカイラインですが,2ドアクーペが追加になった1986年(私は3歳)に,苦竹の日産プリンス宮城本社で試乗したときのことを今でも覚えています(^^;)

去年の8月以降,エンジンルーム内が主に純正流用でリファインされていました。この写真で見えている範囲では,F31レパード純正2層ラジエターやA31セフィーロ&R33スカイライン純正インテークパイプに交換されています。純正のバランスを崩さない容量・効率アップで,同じクルマのオーナーかまたは本人しかわからないというのがシブくていいですね。

そして,ステンレスのエキマニとハイフロー加工のR33純正タービンが取り付けられていました。4500~5000rpmくらいからの加速では,ノーマルとは違ったパワーフィールとクオ~ン♪と澄んだ排気音が印象的で,私もエキマニが欲しくなってしまいました(笑)

この日の駐車場には,R31,R32,(父の)R34スカイラインが揃いました。R33スカイラインで純正路線でファインチューニングされているお客さん募集中です!

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

日産札幌ギャラリー

年明けからは,レーシングカーの特別展示が行われていました。4台展示されていた中から,個人的に好きな1969年JAFグランプリ優勝車のスカイライン 2000 GT-R (PGC10)と1969年日本グランプリ優勝車のR382の写真を撮ってきました。

今月末からは,カルソニックスカイライン (BNR32)とR391が展示されるようなので,また大通方面に行く機会があれば立ち寄ってみようと思います。


   

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

R.S.

Author:R.S.
好きなものは,クルマ,温泉,キャンプ,旨い食べ物,旨い酒,水泳,映画です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード